ふみです。

ストーブ3種を比較してみた前回に引き続き、冬キャンプの暖房グッズを調べてみました〜。

早くも今年の鍋開きをやってしまった我が家。今季の初鍋は博多らしく「モツ鍋」。子供達は好きじゃないけど。。旨いんだよなぁ。。もはやキャンプはBBQより鍋が魅力的に思えてきました。

追記

2015/11/29: 「通りすがり」さんのホカペの低温やけどの知恵を追記しました。

ホットカーペット

電源付きサイトで使える暖房器具といえばホットカーペット。寝るときはもちろん、お座敷スタイルでリビングに使っているひともいるみたい。こたつ布団さえあればこたつとしても使えますしね。さすがに「キャンプ用ホカペ」なんて物はなく、ニトリなど安いものをチョイスするらしい。

2015/11/29追記:
その後、私はニトリのホカペ2畳用を買いました。ケースもついてて安いから。低温やけど防止の自動電源OFFが付いているのがある意味難点。後述のタイマーでたまにON/OFFすればいいかも。

サイズ

LOGOSのテントが300x300(cm)、REVOルーム4の寝るスペースの面積が200x180程度。2畳用が大体180x180として、4人ギリギリで使用することを考えると2畳用サイズが妥当なんでしょうね。

今どきコンパクトに畳めるんですね!
微妙に高いけど12折もできるらしい。
買うならコンパクトなモデルか。
低温やけど

ホットカーペットをつけたまま寝ると、低温やけどの危険があるんだとか。対策を調べてみるも、コレといったものは見つからず。こまめに切るってあったけど、夜中にそんな配慮できます!?弱めにしたり、寝る前に十分温めてあとは電気を切る、などの地道な対策で乗り越えるのかな。

2015/11/29追記:
コメントで「通りすがり」さんに頂いた対策案です。プログラムタイマーなるものがあるそうで、コンセントを自動で指定した時間帯にON/OFFができる代物。情報ありがとうございます。

このページ』の解説が使い方をイメージしやすかったです。動画もありました。アナログな仕組みですが、デジタルタイマーより直感的とても分かりやすい。。IT企業戦士(笑)の私も、納得の使い勝手。

プログラムタイマーは『revex社』や『Panasonic』などが主に展開しているみたいですが、revex社が安くて人気みたい。うん、安いんですよ。

【ポイント5倍】24時間プログラムタイマー2 [ PT25 ] - リーベックス[REVEX]

価格: 584円
(2015/11/29 06:57時点 )


こたつ

熱源

日本の冬にはこたつ。タープ内でこたつに入って鍋を囲むことに憧れます。家用のこたつは、クルマのトランクの空きスペース的にちょっと厳しい。なので、電源サイトでホットカーペット上にこたつを置いちゃうというのが手っ取り早そうですね。

電源がない場合に良さそうなのが『品川あんか』。


品川あんか本体。
中にロックウールが詰まっている。

火の着いた豆炭をグラスウール(?)が詰められた金属の箱に入れちゃうという、カイロのような湯たんぽのような製品。炭と言うと火傷しちゃいそうですが、ジワジワ燃えるので危険な熱さにはならないみたいです。魅力的なのが24時間というロングライフ。50年以上前に発売し、その経済性から当時は大人気だったそうです。レトロな形と色が何とも好み。

で、これを2,3個こたつの中に入れると簡易こたつにできるそうです。コタツ専用の豆炭あんかもありますが、小さいものが便利そう。夜はそのまま寝袋に持っていけば、湯たんぽ代わりになるし。朝はまたこたつに戻せるというロングライフ。


豆炭。12kg入りはちょっと多すぎるかな。。 マッチで火がつくように着火剤入り。少し高め。

弱点は温まりはじめるまでの時間。安定するまで1時間位かかるそうで、設営時に着火して時短を狙ってる方もいらっしゃいました。なるほど。

こたつ布団

悩ましいのがこたつ布団。完全オープンにできる封筒型シュラフを使っているひとも。寝るときには既に布団が温まっているという特典付き。食べこぼしで汚れそうなので、お古や安物を専用にするか。本物のこたつ布団は確実に場所をとるでしょうね。

安い封筒型買うかなぁ。。。

湯たんぽ

湯たんぽだけは我が家も持っています。今年3月のデビュー戦はまだ寒く、必須アイテムでした。大きい方が当然長持ちですが、かさばるし、人数分のお湯を沸かすのが結構大変。その意味でも『品川あんか』は良さそう。

変わり種としては、ドイツ『fashy社の湯たんぽ』。ソフトタイプなのでコンパクト収納。↓みたいに豊富なバリエーションのカバーで楽しめるあたり、海外メーカーっぽくて楽しいですね。


おわりに

冬のこたつお座敷スタイルを完成させるには、結構な投資が必要みたい。よくよく吟味して、今期はやれる範囲でやろーっと。

実は暖房グッズだけでなく、ウェアなんかも大事なんでしょうねぇ。冬ウェアもコダワリ出すと際限なくお金かかるし。危ない危ないw

冬キャンプは廃人を生み出す魔の領域、ということを学びました。

では!

関連記事