ふみです。

先月行った新潟キャンプがあまりにも寒かったため、モンベルの『スーバースパイラルバロウバッグ#1』を追加購入しちゃいました。購入済みの『スパイラルホロウバッグ#3』と繋ぐため、もちろんL-zipをチョイス。

#1と#3の番手が違いでも結構差があるもんですね~!

オンラインのファクトリーアウトレットでお安くGET

皆さんご存知のモンベルはなかなか安売りにはならないですよねぇ。少しでも安く買うため、今回はオンラインのファクトリーアウトレットを使いました。旧モデルを数千円お買い得にGET。

購入の経緯

我が家の寝袋はモンベル製品で揃えていて、ホロウバッグのR-zipとバロウバッグ#3のL-zipを連結して使っています。連結した寝袋に妻&子供2人、もう一つのホロウバッグへ私。

しかしながら、子供も大きくなりちょっと手狭。そこで今回寝袋を追加購入することにしました。同じものを買ってもブログネタにならないのでw、バロウバッグ#1のL-zipを選択。

コンパクトなマミー型で連結できるという点がモンベル寝袋のお気に入りポイントです。

レビュー

同モデルの#1と#3でも意外とある性能差

右手が新入りの#1。
圧縮した状態でも一回り大きいです。
生地の質感も異なる。#3は滑らか。
#1はサラサラでシッカリ感あり。
ホロウバッグ#3のナイロン生地が安っぽく感じる。

#3のコンパクトさもかなり気に入っていますが、#1になると厚みはもちろん生地の手触りも違う。(SPEC上では同じなのに、なぜだろう。。)#1では、首元から寒気が入らないようなカバーがついていたりもします。

冬に向けて気になる暖かさの性能

さて、その暖かさはというと、先日のハロウィンキャンプで初投入しましたが、私はバロウバッグ#3と毛布の組み合わせで、ほかほかで寝れる程度。一方バロウバッグ#1で寝た妻は、暑くて半裸で寝てましたw。

バロウバッグ#3が快適温度-1度に対して、#1は-9度。結構違うもんですね。もっと寒くなるとどうなるのか。。ホカペなしで寝れるとスゴイんですけど。。

寝袋と素材のこと。ダウンと化繊。

高級寝袋と言えばダウンですが、水濡れや手入れのことを考えると化学繊維のエクセルロフトモデルにしました。軽さと暖かさはやはりダウン最強のようです。

ただこのエクセルロフトは、ホロウバッグのナイロン綿とは全然違って、まるでダウンのよう。軽いし、かなりコンパクト。それでいて、ダウンのように保管時の羽根折れの心配も少ないし。オートキャンプ用途には全然悪くないと思うんですけどね。


#2以上にはコンプレッションバッグが付属。

モンベルで最高級のウルトラライトダウンハガーはこのバロウバッグの6割位の重さ。もちろん同じ対応温度帯の比較。最高性能の素材が自然素材だっていうこと、なんか不思議な気分です。生命の最適化って驚異的ですね。

おわりに

ついでにお気に入りのEVAフォームマットも買い足し

冬用寝袋を買っちゃったことで、寝袋の中に性能差が発生(^^; ホカペと先日のエマージェンシーブランケット、そして毛布で暖かさのバランスを取れるのか!?来週末の赤城山キャンプが楽しみです♪

では!



関連記事