ふみです。

1981会として、仲良くさせて頂いているけみ&あこさんGOMUさんとグルキャンやってきました。

1981会は今年最後かな。出会って半年なのに、キャンプで一緒に過ごすと長年の友人のように感じます。 ブログやってて良かったなぁ。

では、レポです!

赤城山オートキャンプ場

位置

群馬県前橋市、赤城山のふもとにあるキャンプ場。川崎市からは3時間半位で到着。高速はあきる野IC~駒形ICで使用しました。

1981会として奇跡の快晴

嬉しいことに3日とも晴れ!1981会発足以来のグッドコンディション。心配していた空っ風も全くなく、GOMUさん曰わく、群馬じゃないみたい!

初冬でも快眠できました

気温は日中15℃弱、夜間は9℃前後。モンベルの#1で快眠。#3でも薄手の毛布+ホットカーペットでホカホカ快眠でした。湯たんぽは使ってません。冬キャンプに不安覚える方、目安としてご参考まで。

なぜ突然気温なんかをレポしだしたのかと言うと…。

ふふふ…、(ムダに)高価な温度計を導入し、気温までレポれるようになったのだ!!


ユニフレームの温度計です。
アルマイトの青色が独特。

周辺のみどころ

今回はジモティ(伊勢崎市住民)のGOMUさんにお任せ!



ぐりーんふらわー牧場・大胡(公式HP)
子供達がのびのびと遊べる大きな公園!
花木農産物直売所さんぽ道(公式HP)
激しく野菜が安かった。帰りにも自宅用に買って帰りました。
ベイシア前橋おおごモール
連泊時の買い出しに。
赤城の恵(公式HP)
密たっぷりの美味しそうなりんごが売ってましたよ。
あいのやまの湯(公式HP)
塩化物温泉でちょっとしょっぱい。施設は清潔&良心的価格で大満足。

なが~いローラー滑り台。
子供達に大人気。
ノビノビ遊べる大型アスレチックにも大興奮。
農産物直売所さんぽ道。
お得な気分になれます。
あいのやまの湯。
規模もなかなか大きいですよ~

設備

トイレも清潔、炊事場はお湯も出るし、高規格を満喫できました。これで2泊1万円切ってるんだから、スゴイ。

キャンプ風景

サイトと装備

キャンプ場内は紅葉が素晴らしく、空の青さと相まってカラフルでいい雰囲気に包まれていました。私達が止まったのは3家族サイト。3家族+クルマ3台で十分広く、プライベート感もあって◎。我が家は半年振りに封印していたロゴステント(ロゴス ツインリッジ)。キャンプ自体に慣れたこともあって、サクサク設営できたのは嬉しかった。

もみじが色鮮やかで感動的。
大型ブランコ(?)は大人気で順番待ち多数。

けみさんの新幕『Snowpeak トルテュライト』に寄生させてもらい、我が家はテントだけ持参。おかげ様で初の冬装備満載でもなんとかクルマに積み込むことができました。それでもストーブ・毛布・ホットカーペットでかなりギチギチ。テーブルセットのテーブルだけ別にしたり、装備をそぎ落としてなんとか対応しました。。

今回は新アイテムも続々投入。半年以上の熟慮期間を経てようやく購入したローチェア!『アディロンダック スモールキャンパーズチェア』に決めましたよー。決め手は手頃なサイズ感と適度な背もたれの角度。悩んだだけあって満足できました。

久々の6人用テントは広々快適。
ロゴスの黄色と紅葉がなかなかイイ感じ。
スモールキャンパーズチェアは
キャンパス地モデルをGET!

そして、先日のトヨストーブ"Maroon"(ほぼトヨトミレインボー)。レインボーには光りませんが、すりガラスの遠赤外線効果があったのかなかったのか、ほんのり周囲も暖かい。日本製&家庭用ストーブなこともあり、着火&消化が簡単で◎。それでは暖かさはやっぱり、けみさん&GOMUさんが持っているアルパカでした!

"Maroon"の赤色とGOMUさんのオサレやかんのコラボ。
我が家の生活感に溢れたやかんは合いません…

ニトリのホカペも活躍!心配していた6時間の自動電源OFFも気になりませんでした。今の寝袋のスペックだとホカペ有りでちょうどいい感じですね。電源なしサイトでは、湯たんぽで耐えることはできるんだろうか。。

おわりに

食事風景は嫁(ちる)の記事にバトンタッチ(その1その2)します。1981会では、各家庭から振る舞われる旨い料理の数々が楽しみ。今回もバリエーションに富んでいて大満足でした。少し寒い季節の方が断然食欲が増しますしね!地元のお酒『男の酒 赤城山』をあえて燗をつけてチビチビやりつつ、焚き火やストープの周りで談笑するのは最高でした。

今年1年キャンプをやってきて、ロケーション、メンバー、天候と今年最高のものが揃ったいいキャンプでした。こういうキャンプがあるからこそ、何度も足を運んじゃうんでしょうね~。

あー。またキャンプ行きたくなってきた。

では!

関連記事