ふみです。

すっかりご無沙汰しています。
末っ子が産まれてからは家庭運営だけで余裕がなくなってしまい、ブログ更新頻度がめっきり…。

そんな中、1981会メンバー+まるさんで、初の「ふもとっぱら」デビューをしました!いろんな方からふもとっぱらは気持ちの良いキャンプ場だという評判を聞いていたため、ワクワクです。

広いことは良いことだ

キャンプを2年ほど続けてみて、富士山周辺でのキャンプが私の「イチバン」になっています。 川崎のせせこましい所に住んでいることもあり、視界が開けたキャンプ場でのひとときはなんとも心地がいい。空と緑とを思う存分満喫できます。

そんな富士山周辺のキャンプ場の中でも、群を抜いて広大なキャンプ場が「ふもとっぱら」ですよね。

たしかに「だだっ広い」。

この広さ、癖になる方が続出するのもわかります。開放感とはまさにこの事。

お客さんも結構入っていましたが、何せ広いのでギュウギュウになることもなく。グループ間の間隔が空いているので、仕切りがなくとも他グループが気にならないことも良かったです。高規格なキャンプ場とまではいかないまでも、お風呂も無料開放されていたし、ゴミも捨てて帰ることができるし、施設には割と満足です。

トイレが難点

事前にも聞いていましたけど、トイレはたしかに難点ですね。

受付のある管理棟から離れたところは仮設トイレなんです。男性は我慢できる範囲でしょうけど、女性にはなかなかキツイかも。キッズも女の子は結構嫌そうでした。男児達も大の方は嫌がってました。

トイレが仮設ではない受付・センターハウス周辺が人気で、すぐ埋まってしまうというのも納得。

ちょうど中心あたりにトレーラーハウスのような簡易トイレがあり、こちらは簡易水洗で電気や換気扇もあります。簡易トイレよりは、少しマシです。キッズ優先となっていますので、その点は配慮必要ですね。

子供が飽きちゃう

何もなさ過ぎて子供が飽きちゃう場面もありました。連泊で行く場合は、遊び道具はあった方がいいかと。中心付近にはバッタすらなかなかいないので、たまにいる蝶を捕まえてました。端っこは雑木林も近いので、虫取りで遊べるかもしれませんね。

今回のキャンプはあいにくの雨模様だったので、タープの下でUNOしてました。カードゲームで子供同士遊べるようになるなんて、成長したなぁ。。一方、私は三男とテント内でお昼寝。風も心地よく幸せな時間です。別にアクティブに過ごさなくたって、これも一つのキャンプ醍醐味なんですかね。あくせくした日常を忘れるいい時間でした。

ところで

ところで。

今回満を持してのNewテントのデビューだったんですよ!キャンパルジャパンの「ヴェレーロ5」です。購入の経緯は別記事に書くとして。

初の高級幕、そして初張りだったのに、あいにくの雨ですよー。。

最終日は天気も回復し、なんとか乾燥撤収できたので、まぁ良しとしますか。。
雨だからこそツールームテントの良さを実感できたってのもありますしね。寝室とリビング間の移動に雨を全く気にしなくていい、というのは至極快適でした。

おわりに

ふもとっぱら」初デビュー。天気にこそイマイチ恵まれませんでしたが、キャンプ場自体は評判通りの解放感で穏やかな時間を過ごせました。夏の猛暑は日差しからの逃げ場が少なくキツそうですが、春・秋には心地よい時間が過ごせそうです。人によっては冬キャンプも楽しめるそうですね。

また、涼しい季節にリベンジしたいな。
では!.

関連記事