multi_fire_table01.jpg

ふみです。

尾上製作所の「マルチファイアーテーブル」を買いました。

価格と収納性を基準に選んだこの製品。囲炉裏テーブルにも通常テーブル型にもどちらにも使える点が、我が家の用途にピッタリとハマりました。I字型に細目に収納できるため、車載時の収まりがいいのもポイント。

早速レビュー行ってみたいと思います!

購入の経緯

未だに焚き火台を持っていない我が家ではありますが、三男を寒い時期のキャンプに連れて行く場合にはMaroonストーブのストーブガードを持っていないことが気になっていました。

今回ストーブガード代わりに焚き火テーブルを買うことにしました。ストーブの上で温める鍋料理が美味しいこの季節。ストーブを囲んでの食事は美味しいですよねぇ。寒い季節のキャンプの醍醐味。スカート付きのヴェレーロ5にして良かった…と実感する瞬間です。

マルチファイアーテーブルの特徴は

尾上製作所は兵庫県姫路の製造メーカー。社員数31名と規模は小さ目ですが、コスパの良いキャンプ用品を作るためファンも多いメーカーです。

いわゆる囲炉裏テーブルであるため「ロ」の字型に組んで使うのですが、マルチファイアーテーブルの面白いのは4分割できるところ。Iの字型のテーブルが4つになるのです。4つで大きなテーブルとして使うもよし、2つずつを組み合わせて使うもよし。はたまた重ねて簡易ラックとして使うこともできます。

multi_fire_table03.jpg

通常の囲炉裏型に組んだ場合。



multi_fire_table05.jpg

パーツの接合部。はめ込むだけです。



multi_fire_table04.jpg

4つ繋げて大きな一つのテーブルとする場合。
2個ずつ繋げて二つのテーブルにするのも使い勝手良しです。



表面はブラック塗装のパンチングメッシュ。無骨なデザインです。キャリーバッグも黒なので、全体的に無難な印象。

大きさはベーシックのサイズ。コスパは最強

価格は最安値の部類に入るんじゃないでしょうか。定価で8,000円台、7,000円台で売られていることも。決して高級感こそないですが、特に安っぽい訳でもありません。黒い塗装が使っていくうちに剥がれないか心配なところ位だと思います。

小さいから安いという訳でもありません。

大きさは各社の大き目サイズモデルと同等で、小さすぎる訳でもなくちょうど良いと感じました。重さが9kgなのでココはデメリットです。収納サイズはI字型収納の中では、ユニフレームのUF IRORI EXTの次に小さいかと思います。UF IRORI EXTの収納サイズが群を抜いていますからね…。

高さが低めに感じましたが、27cmというのは基準があるのかと思う位みんな27cmであり、本品が特別低い訳ではないようです。ユニフレームの座卓の高さ(37cm)と合えばうれしいのですが、それだと囲炉裏テーブルとしては高すぎるのかも。


multi_fire_table06.jpg

脚は簡単なロック機構で固定します。

こんな人におすすめ

とりあえず囲炉裏テーブルを買ってみたい人。最強のコスパで、出費を抑えることができます。囲炉裏に飽きたとしても、普通のテーブルとしてはもちろん、L字型などレイアウトを工夫しても面白いです。

囲炉裏テーブル欲しいけど、車載スペースがカツカツな人。本品は個々の辺をミニテーブルとしても使えるため、別テーブルを用意しなくても大丈夫。

おわりに

尾上製作所の「マルチファイアーテーブル」は最強コスパでベーシックな使い心地が高評価ポイントでした。たき火やストーブとともにキャンプライフを彩ってくれるアイテムになると思います。

次はいよいよ焚火台の番か…。

では!

関連記事