2017年2回目は『出会いの森総合公園オートキャンプ場』のオープン記念祭。アーリーチェックインで、1泊でものんびり楽しめました!雨に振られたって慣れたキャンパー同士なら問題なし!

オープン記念祭はアーリーチェックイン無料

2017年2回目のキャンプは『出会いの森総合公園オートキャンプ場』、栃木は鹿沼にある大人気の高規格キャンプ場です。中でも毎年キャンプシーズン到来のこの時期に行われる「オープン記念祭」は超絶な予約争奪戦。しんちゃんさんの予約成功に乗っからせて頂いて、GOMUさんまるさんとグループキャンプです。けみ&あこさんは、けみさん風邪のためあえなく病欠。残念!

オープン記念祭の日のアーリーチェックインは無料。今回はフリーサイトということもあり、場所確保のためにも朝6:00発で頑張りました!アーリーで入ると設営も10:30位には落ち着いている訳で、かなりのんびり。最高の贅沢、朝ビールも楽しめます。もし一人なら昼寝はじめるレベルののんびり感。

実は昨年もオープン記念祭に参加したのですが、そのときは区画サイトでした。今回フリーサイトだったんですが、恐ろしく安い!2,600円ですよ…。びっくり。区画サイトでも4,500円で安いと思うんですけどね。そして予約いっぱいの割には空間にゆとりがありました。キャンプでギチギチなのはのんびりできないですもんね。フリーサイト、ほんと良かった。

オープン記念祭の特典!

初日の昼ご飯は、赤飯と豚汁が振る舞われます。赤飯は薪で炊き、豚汁は給食室にあるような大きな鍋にたっぷりと作られます。こういうのってテンション上がるなぁ~!美味しくいただきました。

昼過ぎには恒例のビンゴ大会。昨年はありがたいことにイチ抜けでお米30kg頂きましたが、今年も早めに抜けさせて頂き、イチゴ4パック。これまた甘くて美味しかったです~♪

昼食の炊き出しとビンゴ大会だけでも、フリーサイト分もとを取ったんじゃないかと、夫婦で興奮しておりました。

玄人キャンパーだらけ

まだまだ夜は寒いこの時期だし、加えて予約が取りづらいオープン記念祭ということで、玄人キャンパーが非常に多かったですね。まぁそうそうたるテント達で。

Nordisk』や『marmot』がよく目に付きましたね。デカイし白いしでNordiskのトンガリテントは、存在感ありますね。夕方から夜までシッカリ雨が降ったけどコットンテントは大丈夫だったんだろうか…。案外平気なものなのかな?

一方snow peak率が下がってきたような気もしましたが、気のせいか。上級者が更なる高みを求めて海外幕に移行したのかも。オガワもそんなにいない印象。

今回、tent-Mark DESIGNSが増えたのが印象的でした。ドッペルギャンガーもチラホラ。新興ブランドがんばってますね~。カヤック用にサクッと立てられるテントを探していて、ドッペルギャンガーいいなぁと眺めてます。安くて発想がおもしろい。

雨に降られて急に寒くなり…

夕方からの雨は、予報よりも本降り。我が家のヴェレーロ5はシッカリ雨を弾いてくれましたが、下からシミ上がってくる水はどうしようもできない。壁際の地面に置いていた袋類がグチャグチャ。皆さん、ご注意を。。

雨が降ると当然のように寒くなり、念のため持ってきたダウンジャケットを着ます。日中は暖かくても、天候次第で気温は読めませんね。着るものまで荷物減らしし過ぎました。

寒くても焚き火やりたい私達は、しんちゃんさんの陣幕とレクタタープ連結。レクタタープは、ヘキサタープより有効面積が広いので、雨の日には重宝しますね。欲しくなってきました。ポールの消費が多いのが難点?

夜も更けてくると雨も上がり、急に静かになったことに気づきます。しんちゃんさんから芋焼酎をお湯割りで頂きつつ、長い焚き火の夜は過ぎていくのでした…。

おわりに

翌日はしっかり晴れたので、雑巾で幕を拭きながらしっかり乾燥撤収できました。雨のキャンプは残念ではありますが、翌日晴れてくれると雨も悪くないかと思えてきます。

雨キャンプで実感したのは子供達の成長。雨の中でもみんなでトランプをして、小学3年生の年上が年下をリードして遊んでいました。年上の彼らもキャンプはじめた頃は年中さんで、カードゲームなんて成り立たない年頃。ひょんな事からちょっと嬉しい発見でした。

では!

関連記事