出会いの森総合公園オートキャンプ場』は、栃木県は宇都宮からも程近く、東北道の鹿沼ICから15分の高規格キャンプ場。町営で安くても充実の設備が特徴で、リピーターも多くブロガーからも人気です。平たい土地、澄んだ川、というロケーションがお気に入り。

アクセスと雰囲気

出会いの森総合公園オートキャンプ場は、東北道の鹿沼ICを降りてさらに15分行ったところにあるキャンプ場。高速を降りて市街地を抜けると、よく見かける田園の風景。その中にある運動公園に隣接する形でキャンプ場は存在します。特に森でも草原でも砂浜でもない場所。でもそこにあるのは、予約に電話合戦が繰り広げられるほどの大人気のキャンプ場なんです。

公式ルートは鹿沼ICですが、東京方面から行く場合には手前で北関東自動車道へ曲がり一つ目の都賀ICで降りるという手もあります。田舎道をキャンプ場方面にダイレクトに向かうので、信号少なくストレスフリーで道中にも新しめのスーパーマーケット(スーパーオータニ 西方店)があります。2つ試しましたが、私は都賀ICを使う方が好みでした。

周辺事情


>> 周辺施設情報付きの地図情報はコチラ!

鹿沼ICから市街地を抜けてくる時に大きめなスーパー(ヨークベニマル)もあるので買い出し場所には困りません。隣には100均ダイソーがあるというありがたさ。『まちの駅 新鹿沼宿』や『道の駅 にしかた』もあるので地域物産の調達もOK。

宇都宮餃子は『宇都宮みんみん』『まさし』と2店舗有名店があり、持ち帰りでサイトで食べる方も多いです。私達も『みんみん』をサイトで食べ、撤収後の帰り道に『まさし』に寄りました。ちなみに地元民は『まさし』を愛すると言いますが定かではありません(^^;

サイト

キャンプ場全体的におしゃれって要素は全くないんですが、整備として手が行き届いていて「堅実に良い」といった印象です。

場内通路は完全舗装

場内の通路はしっかり舗装されていて、区画サイトの駐車場所も舗装済。フィールドは乾いた草地です。場内整備にきちんとお金掛かっています。意外にも通路が舗装されているキャンプ場は少ないですから貴重。雨が降ったときに車のワダチでグチャグチャなんてことにならないですから、高規格キャンプ場としてはありがたいですよね。

サイトの整備は秀逸

駐車場別のフリーサイトか、駐車スペース付き区画サイトになります。区画サイトもスペースは広めでしたので、大きめのテントでも設営できると思います。公式サイトには10m×10mとありますが、2.5m×5mの駐車場分も込みの大きさだと思います(50区画中10区画はAC電源付き)。フリーサイトは満員のときでも余白が大きくとってあり、ゴミゴミした感じがなく快適でした。

どこも平坦で初心者キャンパーも不安なく楽しめると思います。地面が斜めで寝づらい…。みたいなことにもなりません。

土は割と乾いた芝生。地面も硬すぎず、ペグ打ちに苦戦することはなかったです。Vペグでも良いかもしれません。長さ30cm程度のペグで石に当たることはなかったですが、それはサイトにもよるのかな?水はけはまぁまぁだと思いますが、ずっと降るとさすがにぬかるんで来ました。

景色は特筆する素晴らしさはないのですが、視界が開けていて開放感があります。林間のうっそうとした感じが得意ではないかたにはピッタリ。私はこういう場所の方が好みかも。

設備だって優秀です

洗い場は給湯ありますし、トイレも清潔。管理棟のトイレにはウォシュレットもあるということで、設備面も充実しています。ゴミはゴミステーションへの捨てて帰ることができます。分別が煩雑なんてこともありませんから、不満は全くないですね…。素晴らしい。

そして、シャワーが24時間無料という…。夏のキャンプは特にありがたいですよね。撤収のときにかいた汗を流してから帰るという方もいます。ランドリーも無料というから至れり尽くせりですね。

シャワーではまだ肌寒いという日はすぐ近くの「出会いの森福祉センター」で温泉に入れます。大人400円, 小学生100円ととてもリーズナブル。後述の川遊びのあとに身体を温めても良いですね。

子供のあそび

子どもたちは場内の原っぱやちびっこ用の小さなアスレチック、そして場内に流れる小川で遊びます。キックボードやキックバイクなどを持ち込んで遊んでいる方もいますので、外遊びで使う簡単な遊具を持っていくと良いですよ。子供同士でシェアして遊んだりと盛り上がっていました。

レンタルサイクルが人気

売店で100円2時間で借りられる自転車が人気です。「だいたい2時間経ったら返してね~」なんてゆるーく貸していただけます。地域の人のお古の自転車かな…?というようなモノではあるのですが、まぁ錆びてボロボロなんてことはないです。場内の舗装された通路はこの自転車遊びに最適なんですよね。

普段、自宅近くでは車通りもあるため自由に自転車に乗れない分、友達とグルグル回ってるだけでも楽しいみたいです。放っておくと一周タイムアタックなどに発展してしまうので、安全面から気を配っておく必要はあります…。

アユの生息する清流大芦川で川遊びも

キャンプ場の裏手には透き通った川が流れています。アユが生息する清流ですが、流れも緩やかで水深も浅いので川遊びに最適。真夏のキャンプは楽しそうですね~!浮き輪を持っていって浮かんで遊べる場所もあります。

まとめ

今までに2回遊びに行ったキャンプ場ですが思い返してもベストバランスなキャンプ場だなぁと思います。よく整備されていて色んな要素が程よいんですよね。ワイルドで自然と楽しむ「野営」というよりは、家族でワイワイ遊んで食べて過ごすという要素の方が強いかな。ファミキャン向きですね。

唯一の欠点が電話予約という点位ですかね。まだまだキャンプ場は電話予約なところが多いですから、このキャンプ場だけの欠点という訳ではないです。人気すぎて予約合戦になってしまうところも厳しいですね。夏休みの平日に有給取って行くなど、工夫した方がいいかもしれませんね。

それにしてもまた行きたいと思える良いキャンプ場。おすすめです!!

ではでは

関連記事