GENTOSのLEDランタン2017年最新作!話題の『EX-136S』を比較してみました。安全で軽量なLEDランタンの中でも、キャンプの雰囲気を壊さない暖色LEDモデルと比較、調査します!

商品の特徴

明るさ370ルーメン

「高輝度チップタイプ暖色LED×10個」を採用しています。大きさの割には詰め込んだなぁという仕様。おかげで明るさも370ルーメンと、暖色LEDとしては上級の明るさを確保しています。


モード明るさ(ルーメン)
High370
Mid160
Eco20

逆さ吊りできるカラビナ内蔵!使いやすくなった機能性

ビルトインカラビナ、バッテリーインジケータ

GENTOSランタンの中でもお気に入りの機能「逆さ吊り」ができます。吊り下げはフックではなくビルトインカラビナ。多少揺れても落ちることはないでしょう。落ちても2mまで落下耐久性を持っています!

テントの中やタープの中心部で使うのに重宝しますね。EX-136Sはシャドーレストップ仕様のため、まるで家の裸電球のような影のない明るさが実現できます。

バッテリーインジケータも付いて、EX-777XPの不満点をことごとく解消していっています。こりゃいい!

防水だし、水に浮くし、、頑丈!

GENTOSシリーズは全体的に雨には耐えられますが、EX-136Sは水深1mまで沈めても大丈夫。というか、そうそう沈めないとは思いますけど。じゃあそれ以上の水深だと?と思いますが、なんと。浮きます。川に落としたとしても、水に浮くからすぐ取れます。え?流されちゃうって?いやまぁ、そりゃ確かに。

上述の通り2mまでの落下にも耐えられます。ランタン界のGショック的な。

エネループが使いやすい

単3形アルカリ電池×6本を使うということで、単1よりも入手しやすく、エネループも使いやすいですね。エネループはOKと明記はされていないので、未確認ではありますけど。

なかなかコンパクト

直径78x高さ141.5mmと名品「EX-777XP」に比べてもコンパクト。単3電池×6本を含みで355gですから、本体は相当軽量です。

9時間駆動

点灯時間(約):9時間(Highモード)/ 18時間(Midモード)/ 142時間(Ecoモード)

9時間駆動ということで、実用には耐えられるタフさを持っています。夕方から5時間使ったとして、2泊までいける計算。Highモードを使わずケチるともうちょっといけますね。

他製品との比較

明るさを他の暖色LEDモデルと比較!

モデル明るさ(ルーメン)持続時間電池本数
SOL-016B60037単16本
EX-1000C48011単14本
EX-964DL4005専用充電池3,000(mAh)
EX-136S3709単36
EX-777XP28072単13
SOL-036C16028単36
SOL-144S1508単44
EX-234D14016単34
EX-000R1407.5専用充電池5,000(mAh)
EX-1977IS10012単34

EX-136Sの光量と電池持ちのバランスの良さが光りますね。やっぱり単一電池の方が電池は持ちますが、いかんせん重いです。価格も高くつくかと思います。単一のアダプタを使って中に単3を入れることもできますが、その分電池容量は少なくなるし、流せる電流も少なくなるので暗くなっちゃいますね。

その点、EX-136Sは単3モデルの中では最も明るく、電池持ちも妥当なライン、ケチりたければ明るさを抑えられる、電池自体も割安、なかなか良いバランスだと思うのです。

みなさん、いかがでしょう?

大きさと重さを他の暖色LEDモデルと比較!


モデル明るさ(ルーメン)幅(mm)高さ(mm)重さ(g)
SOL-016B6001222441650
EX-1000C4801292461255
EX-964DL40087.3217515
EX-136S37078141.5355
EX-777XP28084185817
SOL-036C16073158400
SOL-144S15067120160
EX-234D14064.6144.3330
EX-000R140102.2189680
EX-1977IS10059132244

同じように明るさ順にしたままで、今度は幅と重さを記載してみました。ここでもEX-136Sのバランスの良さが現れています。明るさの割にコンパクトなのがわかりますよね。半分の明るさのモデルに対しても一回り位のサイズ増加に抑えられています。

まとめ

私のEX-136Sに対する思い入れが伝わりましたでしょうか(笑)早速、ちる(妻)にプレゼンしないと!

EX-777XPは、気に入って使ってはいるんですが、単1で使うと思いしスペア電池が高いしで困っていました。一方単3+スペーサーで使うと暗い。荷物のコンパクト化が急務な我が家では、明るさと大きさ、ランニングコストのバランスで悩んでいました。今回のEX-136Sはかなり期待できます!

買ってレポートします!



関連記事
 カテゴリ
 タグ