我が家主力カトラリー、Light My Fireのスポークに酷似した100均版のスポークを発見!しかも、4本入りという衝撃の価格差です。

俄然気になったしまった私は人柱に購入してみることに。定価20倍の本家と比較してみまっす!

ざっくりどんな製品?

Light My Fireスポークは、軽くてスタッキング性も優れた、荷物減らしに持ってこいなグッズです。スプーン、フォーク、ナイフと1本3役で、ミニマリストキャンパーだって納得なはず。北欧デザインのポップなカラーも人気ポイントですよね。

さて、そのスポークにそっくりな商品をセリアで見つけました。あまりのパクりっぷりに、妻も私も興奮。カラーは私が見掛けた限り、ブラウンとホワイト。地味なカラーですが、ナチュラルカラーで本家と差別化でしょうか。

本家Light My Fireスポークと比較してみました

サイズ

大きさはほぼ同じ。若干、100均版が長いですね。実用上は問題なしです。重さも微々たる差で正直よくわからないレベル。

形状

形もほぼおなじ。持った感じの雰囲気はなんら変わりません。スタッキングもできるし。

100均版の方が少しナイフの部分の刃渡りが長いですね。ナイフの先がより尖っているのが本家。まぁ、微々たる差ですが…。あとは"Light My Fire"のロゴがあるかどうかくらいしか見分けが付きません。

硬さ

ほぼ変わりません。。どちらも少し柔くてちょっとしなる感覚です。

100均版のデメリットは?

そんなに変わらないんだったら、100均版のデメリットはないの?ってとこが疑問に浮かぶと思いますが、正直致命的な欠点はありません。

強いて言えば、100均版は食洗機非対応です。本家Light My FireスポークはTritanというちょっといい感じのプラスチックが使われています。そのため、安全に食洗機に入れることができるんです。ま。。キャンプ道具を食洗機に入れることはないんですけどね。

まとめ

100均版のスポーク。いかがでしたでしょうか。なんていうか…結構よくなかったですか?正規品との違いってLight My Fireのロゴがあるかないかじゃんか!って。あとは…製造元について、本家はmade in スウェーデンですが、100均はmade in 中国ってくらいですか。

4本セットで100円という衝撃の安さでしたので、しばらくは子供向けにはこれでいいのかもって思えてきました。上の子達はよく落とすし、三男はまぁ折ったり踏んだりしそうですからね。。ブランドものを持たせるべきではありません…。

みなさんもセリアで見かけたら、一緒にいかがですか?

では!

関連記事