心〜の〜中つな〜い〜だ〜 恋の〜タイトーロープ 渡りたい〜♪


あーー。。。頭の中のをグルグル 懐かしい曲がエンドレスで流れだしてしまいました。
歌詞を見て気になってしまった方はこちら
道連れです(^^;(年齢がバレそうだけど。)


私(夫)です。
今回はツーバーナーのご紹介です。


2013年夏。

BBQを数回こなし、初めてのログキャビンでのキャンプも終えた後、正直BBQグリルで作る料理に飽きてきていました。
もちろん、工夫をすればBBQグリルでももっとやれることはあるはず。
でも、ツーバーナーがあればもっと多彩な料理でキャンプを楽しめるのでは…
と妄想し出したら止まらず。

ええ。
悪い病気の発症です。
奥様とあーだこーだ妄想しながら、
「いつかどうせ買うよね。」
「良品は長持ちするはず。」
「もっとキャンプを楽しめるようになりたいよね。」
「ちょっとしたおつまみ作りに重宝しそう。」
「一回お金出せばあとは燃料代だけだし。」
などと物欲を後押しする理由付けを、補いあう夫婦。変なところで息が合います。


Google検索しまくり、アウトドアショップに赴いてはため息をつく日々。
そんなこんなで、秋の西湖(富士五湖の一つ)でのキャンプが決まって程なく。
毎キャンプに一つは新アイテムを投入したくなる病も手伝い、
「今回はツーバーナーに決まり!」と、とうとう購入。


ツーバーナー箱
パワーハウスLP ツーバーナーストーブ Ⅱ


御殿場プレミアムアウトレット内のコールマンアウトレットにて購入。
割引と高速代、どっちがお得なのかという理性を抑えこみ、
アウトレット価格(8,000円)とその場のノリがタッグを組んでしまいました。。


ツーバーナー収納状態
薄型の本体。
さらに小さく折りたためる「フォールディンクLPツーバーナーストーブ」もありますが、
折りたたみギミックから来る故障や掃除し難さを心配してこちらを選択。
予想通りシンプルなボディは拭き取りもしやすく文句ありません。


ツーバーナー横
ツーバーナー設置状態
一緒にキッチンテーブルを買ったので使ったことはないですが、脚も付いています。


ツーバーナー使用中
使い方も全く難しくなく、普通のガスコンロと別に変わりなし。
シュゴーという音が何ともかっこよく、やる気になる。
秋の西湖位では火力も問題にならず。
まぁそもそも私はコーヒー用のお湯を沸かすくらいにしか使ってません(笑)
料理は奥様頼み!
私はリクエストするだけ。。


しかし。



買って帰ったその日からすごく後悔しました。
やっぱりOD缶のランニングコストが気になったからです。
実はユニフレームのツーバーナーとかなり迷っていたんです。

カセットガス(CB缶)の方が安売りもあるし、入手もしやすい。
ドロップダウンの心配にしたって、ブースター付きのCB缶バーナーだってあるし。
そもそもそんなに寒い時期にキャンプ行くのかどうかも分からない。
どうしたものか。

自分自身を説得した材料はコレ。

・ユニフレームのツーバーナーは倍の2万円以上。
 差額はOD缶470gの約30本分を消費してようやく埋められる。 
・詰替くんを買えばCB缶->OD缶に充填することもできる。
・ボディサイズなら、コールマンツーバーナーの方が薄い。


さて、正解はどちらなのでしょう。
これから買われる方は検討材料にして下さいませ。
私には正解は分かっていません。
CB缶ツーバーナーにはSOTO製品など他メーカーのものもあることをお忘れなく。

では!

Coleman
パワーハウスLP
ツーバーナーストーブ Ⅱ
UNIFLAME
ツインバーナー
US-1900
SOTO
3バーナー ST-532

関連記事
 カテゴリ
 タグ