いってきましたよー!
初めてのデイキャンプ in 若洲公園キャンプ場!


2014/2/22は天気にも恵まれ、キビシー寒さを覚悟していたら、春を間近に思わせる暖かさ。
ある意味拍子抜けなほど。
同じくデイキャンプ初体験の友達家族とともに。
荷物はリアカーで運びます。管理もちゃんとしてて、清潔で。いいキャンプ場ですね。

リアカー@若州 エントランス@若州


今回のメインはLogos福袋でゲットしたスクリーンタープの初陣。
「ロゴス クイックPANEL I-LINKスクリーン 3535プラス」です。

タープの袋@若州 タープの中身@若州

LOGOSのQuick Systemを採用していてるモデルなので設営は簡単。
5分で組み立てを歌っているだけあって、本当に袋から出して3分程で自立。
さすが。子連れのBBQには本当ありがたい。
初心者キャンパーでも時短できました。次回はさらにスムースなはず。

スクリーンタープ組立中@若州

午前中は多少風があったので、ベグ打ちの時に奥様に支えておいてもらった。
3.5m x 3.5mなので風を受ける面積も大きく、ちょっと飛びそうになる。
自立させたらさっさとベグで仮止めしてみましたが、ポールと布地が分離しているテントに比べてイマイチ仮止めのいい方法がわからず。ポール組み立てないと四隅にペグ打てないですからね。。。 今度、LOGOSの店員さんに聞いてみよう。
スポーツオーソリティ港北店のLOGOSの店員さんは親切で助かります。。

スクリーンタープ仮組み@若州

張り具合のコツもわからずちょっといびつに…(^^;
テントの張り方にも上手い下手が出るんですねぇ。精進せねば。

スクリーンタープ仮組み2@若州

今回ちょっとドキドキしたのが、紐を使ったペグ張り。
タープを紐で張るときに必要なのが、自在金具ともやい結び。
どちらも経験がなく、ちゃんと使えるのが事前にググってみたり。
もやい結びはこの動画がわかりやすかった。
自在金具はこのページかな。


完成〜。

スクリーンタープ完成@若州

特徴的なパネルシステムもなかなかステキ。
結局、寒さ対策に用意したスクリーンタープは、恵まれた天気に
より不要となり、タープの横で美味しくBBQを食べることに。
ちょっと残念なような気もしましたが、、ま、外で食べる開放感を
より楽しめるしね〜♪

スクリーンタープ片付け@若州

同様に撤収も簡単。
Quick Systemはフレームと生地が分離しないので、傘と同じように
フレームの周りに布地を巻いてコンパクトにします。そのときに
結構キツ目に巻かないと、キャリーバッグがパンパンになってしまい
ました。結局、翌日自宅ベランダで芝のカスを落とし、再度丸めて片付け
ました。

付属のプラペグでイケるか心配していたんですが、若洲公園キャンプ場
は芝だったので、問題なしでした。

スクリーンタープペグ打ち@若州

ただ、ペグ抜きもっていなかったので、むしろ撤収時に苦戦して
しまいました。
ハンマーを買うかちょっと悩んでいます。
ところで、ハンマーって専用品がいいんですか?
ペグ抜きはともかく、ホームセンターで売っている金槌ではダメなの!?
また、悩みのタネが増えてしまった。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None