ふみ(夫)です。
先日に続きBBQ装備ネタですー。

2013年、BBQに挑戦しようか迷っていたときに踏ん切りがつかなかった
理由のNo.1は、片付けの面倒さ。
そこに踏ん切りをつけてくれたアイテムをご紹介したいと思います。

また例のバイブルの受け売りで始めたんですが。。

それは「BBQお掃除楽ちんシート」です。


単なる極厚のアルミホイルなのですが、その効果はテキメン。
BBQ始めるまえに火床にこのシートを引いておき、
BBQが終わったら炭ごと丸めて鎮火→終了です。

お掃除楽ちんシート
こんな感じに使います


グリルの手入れで面倒なのは、火床と網ですよね。
そのうち半分の作業はアホみたいに楽になります。
火床って炭だけでなく、肉の油なんかまで落ちるし、洗浄に手間がかかるんですよね。。

オマケに集合住宅住まいの我が家では洗うスペースもなく。。
場所によっては撤収時に洗えないこともありますし、シートがあれば非常に助かります。

私の片付けの段取りはこんな↓感じです。
1.大きめのまだ使える炭を火消し壺へポイ
マイティ火消し壺
ロゴス マイティ火消し壺使っています


2.お掃除楽ちんシートを丸めて密封、熱さまし


3.本体フレームと火床はアルコール+キッチンペーパーで軽く拭きながら収納

愛用アルコールスプレー。
油汚れに効果テキメン。
洗剤と違って流さなくてもOK。


4.網は持ち帰ってワイヤーブラシと熱湯でゴシゴシ

100均ワイヤーブラシ


網の洗浄だけは時短の方法は見つけられていません。
お湯と洗剤(重曹もありらしい)にちょっと浸け置きすると、多少楽になるみたいですね。

ちなみに普通のアルミホイルではやらない方が良さそうに思います。

この極厚ホイルでも若干熱で溶けて穴が空くことがあるため、
普通のホイルではもっと酷いことになるのでは、、と。
複数枚重ねたら、ひょっとすると凌げるのかもしれませんが。。

私が使っているグリルはロゴスのステンチューブラルLでして、ごのグリルとの愛称はロゴスどうしバッチリです。
そこに輪をかけるように、、2014年新アイテムが登場していました!

BBQお掃除らくちんカバーLです。

もはやアルミホイルを敷く手間もなし。
これまた絶妙な価格設定。。
まだシートが余っているので、使いきったら買ってみようかな。。

では!

関連記事
 タグ
None