Yummy Yummy Camping」のけみ&あこさんとの野島公園グルキャンで衝撃を受けたRVボックス。影響を受けたどころではなく、丸パクリで買っちゃいました(^_^;

けみ&あこさん、ありがとう!


実際使ってみて、「は~。こりゃ便利だなぁ」なんてモノでしたので、レポート。レポート。

RVボックスって?

アイリスオーヤマが展開している、樹脂製の収納ボックス。「RV」を冠しているだけあって、クルマのサイズや用途に合わせて実にマニアックな商品展開がしてある。カブ向けとか軽トラ向けとか…(^^;。公式ページのラインナップページを是非見てみて下さい。

アイリスオーヤマは、仙台に本拠地を置く日本企業。ガーデン用品からスタートして収納ボックスで成功したのが始まりで、今やアジアはもちろん、北米からヨーロッパまで世界展開しているみたいですね。各国での認知度はよく知りませんが。

社会人一年目に買った室内物干しの品質の良さに感心して以来、樹脂ものに関しては信頼を寄せているんですよねぇ。

そして、「RVボックス」は、このアイリスオーヤマの商品名なんですね。一般的な名前だと勘違いしていました。

買ったのはRVボックス 600F

野島公園キャンプ以来、収納ボックスを夫婦で探しましたが、そのサイズ感としっかり感はRVボックスがダントツのように思います。頑丈さはとてもユニークで、キャンパーさんによっては撤収時の簡易イスとして使っている方もいるみたいですね。

我が家の愛車ホンダ エディックスはハッチバックなので、あまり背の高いモデルはぴったり来ない。RVボックスを下に置いて、その上にテントやら椅子やらを置くように積載していきたかったので、平らで少し小ぶり、持ち運びしやすい肩幅程度の長さ…と考えていくと600Fに行き着きました。

めっちゃ片付く!

ケニーズファミリービレッジで早速実践投入して来ました。600Fを二箱買ったので、一つはキッチン用品、もう一つはリビング系や火器系という風にカテゴライズ。

RVボックスを導入前には100均のナイロンバッグに入れていたので、積み重ねはできないし、袋の口も締めることができませんでしたので、どうしても後部座席に置くことになっていました。それが、テントやタープの下に置ける!RVボックスの上に重量物を置いてイイというのがなんとも便利です。

トランクに2つ並べて入りました。後ろにあるのはコールマンのピクニックテーブルセット。
RVボックスの上に、テントとタープ、イス3脚が乗ります。
出陣時は、この上にさらに着替え等のバッグを積みます。
以前はこんな感じにナイロンバッグに入れていた雑多なグッズ達。
この二箱にインして見た目にスッキリ!まだまだ容量には余裕あります。

サイト内でも蓋を閉めて目隠しできるのはいいですね。一気に見た目のスッキリ度が高まりました。袋と違って、収納の中を見渡しやすいし。撤収時の突然の雨に対しても安心。パッキンこそ装備していないモデルですが、水没しない限り大丈夫そう。

袋の方がスペースに合わせてある程度変形させられるので、詰め込みにいいかと思っていたんですが、RVボックスも便利だなぁ。。適材適所ということで、今後もスッキリキャンプを目指しまっす。

RVBOXエコロジーカラー 600F【0530da_ki】 【RCP】【0530ENET】

関連記事