ふみです。

REVOルーム4+が発売されることですし、 すでに絶版ではありますがREVOルーム4のレビューを書いておきたくなりました。

そのコンパクトさと独特なコンセプトがお気に入りの本品。早速レビューです!

フレームレスで軽量コンパクト

まずは基本スペックをスタンダードなコールマンのテントと比較してみます。

商品名 定価(円) 重さ(kg) 収納サイズ(cm)
(W/D/H)
インナーテントサイズ(cm)
(W/D/H)
耐水圧(mm)
(フライ/フロア)

UNIFLAME(ユニフレーム) REVOルーム4 680902

- 4.3 60/20/20 385/195/225 2,000/3,000
タフワイドドーム Ⅳ/300
35,640 10.6 75/25/25 300/300/185 2,000/2,000

前任テントの『LOGOS クイックツインリッジドーム 300L』は重さ、収納性がネックでした。「REVOルーム4」はフレームを『REVOタープ(L)』のポールを使うため、軽量かつ簡単設営が特徴。スマートな設営と省荷物化を目指している我が家にはピッタリ。

fc2_2014-09-11_11-34-05-713.jpg
デビュー戦は朝霧ジャンボリーでした

生地の耐水圧も標準的な数値。不足はありません。インナーテントは吊り下げ式なので、雨の日の撤収にはフライシートを張ったまま中でインナーを片付けられました。インナーを濡らさず撤収できるだけでも、撤収・乾燥の手間を軽減できました。これはお気に入りポイントです。

ただ皆さん、気になるのはきっと床面積ですよねぇ。大人4人が寝れるとは書いてありますが、ホント!?

親二人・子二人の我が家では十分なサイズ

我が家で使っているシュラフマット『EVAフォームマット』が4人分キレイに入るサイズです。加えて左右に荷物スペースがあります。ミニマムではありますが、必要十分という表現が合っていると思います。

DSC_0292.jpg
モンベル寝袋4つ分です

例えばテント内でカードゲームなどして団らんする、というのには不向きかもしれません。我が家は寝るとき以外はタープ下で過ごします。我が家と同じような過ごし方をする方には問題ないサイズかと思います。

高さは入り口付近だけですが、身長178cmの私が立てる位の高さはあります。着替えに便利。寝た時も頭の位置の高さがあるので、思ったより圧迫感はないです。地味ですが、ランタンフックもちゃんと付いてます。

設営は簡単

設営は想像通り簡単。張り綱を除くと、ひとまずペグ5本で形になります。さっさとフライを張ってしまえば、あとはフライの下でグランドシートやインナーテントを設置できます。やっぱり小雨のときには助かりますね。

これが中腰くらいじゃ届かないんです…!
あとはフックに掛けていくだけ。簡単。

グランドシートとインナーテントの設置自体はスナップやフックを付けるだけ。簡単です。簡単なんですが、実は入り口から見て奥側3箇所のスナップを付けるのが意外と面倒。三角形の隅にフックがあるため、寝そべるように手を伸ばす必要があります。

この点を考慮しても十分楽ちんですけどね。

単独設営もいけます

自立したポールへひっかけーの…
ペグ打ちーの。

ちゃんとパッケージに書いてあるんですが、単独設営もできます。若干見てくれは寂しいですけど。

実際に2,3回単独で使いました。スクリーンタープとの併用時やグルキャンでタープを共有したときとか。

REVOタープのポールを一本だけ持参します。ポール・ペグ2本・張り綱を使い、テントとは逆方向にペグを打ってオープンタープの設営要領でポールを自立させます。あとは通常通り設営。

こんな感じで単独で設営できます
fc2_2015-04-28_01-01-39-569.jpg
REVOタープがないとなんだか寂しい

その他細かいポイント

換気

テントの頂点に1つと下部2つのベンチレータがあります。もし不足を感じれば、テント入り口は巨大な三角形。そこを開ければ十分換気できると思いますよ。

テント内の結露

スカートもなく普通のナイロン幕体。そのため、夜間が冷える季節は当然ながら結露します。それは仕方ないとして。寝袋の脚側は空間の高さが低いため、テント壁面に触れて結露が付着することもあります。ご注意を。

わかりますか?
壁面にちょっと触れちゃうのです

前室はありません

見ての通り前室がありません。前室必要な方は、新作「REVOルーム4+」をお買い求めください(^^;

入り口の幕が前方に少し張れるようになっていて、靴をギリギリ置ける空間を作ることはできます。

おわりに

DSC_0284.jpg
REVOタープとの組み合わせがやっぱり映えますね

メリットとデメリットが混在する本品。クセもありますが、そのオリジナリティが気に入っています。

5人家族化目前の我が家ですが、3男が小さい内はもちろん現役で。そしてその後も父子キャンプ・ソロキャンプで活躍してくれるハズ!これからも大事に使っていきます♪

とはいえ、前室アリのREVOルーム4プラスはやっぱり気になります。こちらの新旧REVOルーム4比較記事も良ければご一緒に読んでみてくださいませ。『REVOタープL』のレビューもしてます。

では!





【ポイント5倍】UNIFLAME(ユニフレーム) REVOルーム4 680902【UNTE】

価格: 19,600円
(2015/09/10 09:18時点 )

【ポイント5倍】ユニフレーム(UNIFLAME) テント用フロアマット REVOルーム4 フロアマット 680933【UNTE】

価格: 5,142円
(2015/09/10 09:19時点 )

関連記事